RS18

RS18は18インチロングエクスカーションドライバーを2基搭載し、スピーカーシステムの低域を30Hzまで拡張するサブウーファーです。特許出願中のRAY SUBテクノロジーはベント式エンクロージャーの内部への放射面の位置と位相を最適化することによって、周波数が低くなるほどリヤからフロントへの音響距離を増すようにしています。その結果、サブウーファーの全帯域にわたってリヤとフロントが効率的に加算され、前方には平均5dBのゲインが得られ、後方にはキャンセレーションによる減衰が生じます。

Key Features

  • スケーラブルなシステムに対応するロープロファイル・高出力なベースモジュール
  • 複数の指向性パターンの利用が可能
  • カーディオイド(指向性)パターンではリアとサイドの壁からの反射の最小化により後方のレベルを減衰
  • 空気力学を応用したベント方式による20 dBのノイズリダクションと高い音圧でのリニアリティの改善
  • 周波数特性:32Hz - 100Hz(-3dB)
  • 感度 105 dB SPL
  • 2基の18インチドライバー搭載
  • 全てのNEXO製品との連携可能

Specifications

無指向性指向性
再生周波数特性 @ -3db [a]32Hz–100Hz32Hz-100Hz
再生周波数帯域 @ -6db [a]29Hz–250Hz29Hz–150Hz
感度 1W @ 1m [b]105dB SPL103dB SPL
最大音圧レベル @ 1m [b]146dB SPL143dB SPL
指向性無指向性&指向性パターンの有効帯域はコントローラーのセットアップに依存。
指向係数 [c]1.5 < Q < 2 1.7dB < DI < 3dBQ=4.3 DI=5.3dB
クロスオーバー周波数60 / 85 / 120Hz60 / 85Hz
公称インピーダンス2 x 8Ω2 x 8Ω
推奨パワーアンプ出力1000 - 2000W(8Ωx2チャンネル) 2000 - 4000 W (4Ωx1チャンネル )1000 - 2000W(8Ωx2チャンネル)

Features

コンポーネント2 x 18" (46cm) ロングエクスカーションネオジウム 8Ω ドライバ
寸法(高×幅×奥行)520 x 1403 x 732mm
形状長方形
約105 kg
コネクター4 x NL4MP スピコン、2枚のコネクタプレート上 (In & Through)
エンクロージャーバーチ材合板、ダークグレイカーペット仕上げ

[a] レスポンス特性とデータ測定条件 : 200Hz 以上は無響遠距離、200Hz 以下は無響半空間。
[b] 感度 & 最大音圧レベル: スペクトル分布に依存。帯域制限ピンクノイズを使用。レンジ幅+/- 3 dB 。プロセッサー、推奨アンプ使用時。
[c] 指向係数特性データ: 1/3 オクターブバンド周波数特性、軸上特性に正規化。